ウォールアートの制作

フュージングガラス

 

時計も人気なのですが

フュージングガラスの魅力を

絵画的に楽しめたらと

ウォールアートに

チャレンジしています

 

WA1707F0a (9).JPG

 

先日あおと青い鳥では間に合わず

参考アイテム

としてしか出せなかったので

引き続き制作に入りました

 

あおの前日偶然見つけた透明ねじ

看板やサインボードのステンレスだと

高いしゴツイし…とずーっと

どうしようと悩み続けていたのです

できればねじが見えない掛け方が理想なのですが

安全性も考えたり、日本にはまだフュージングガラスの壁掛け用の金具が

手に入りにくい点などいろいろ考える事が多くて

迷い続けていたわけです

 

プラスチック製なので

耐久性がどうなのかしら?と気になりますが

屋内での使用なので

そう劣化もしないと思うのですが

 

よほど大きなものや厚めのものは

ステンレスを使おうと思います

 

 

で、先日むき出しのままだった土台の

シナベニアパネル

"六切"とか堂々と見せながらの展示(笑)

早速ヤスリがけして

セラムコートで白く塗りました

 

 

しばらくは海をテーマに制作していく予定ですが、四季に合わせていろいろチャレンジする予定。

 

少しずつしshopにあげていきたいと思います。

Offrir web shop はこちら

 

 

 

glass | comments(0) | -