夏の大掃除 思い出編

先日に引き続きここ数日
時間を見つけては
大掃除続けてます

しかしそろそろ終わらせないと
お盆も来ることですし
移動したり出してきたものを何とかしなければ

しかしまたどっかに押し込んでしまっては
またいつか。。。
になってしまうというわけで
逆にいままで押し込んできたものを
わざわざ出して検品
これが片付けば今出ているものたちも
新たな勝手のいい収納場所が見つかりそう

というわけで今回手をつけたのは
片付けの専門家がアドバイスする
「最後にやりましょう」という
オモイデたち

その順番が来たようです

まずは途中であきらめていたVHS,カセットテープのダビング再開

そしてうちら姉弟の幼児~小学校までの絵やら作文やらいろいろ
まぁ出てくる出てくるで一人で絵だけでも200点近く出てきました
良く描いたなぁ、そしてよく母も取っておいてくれたなぁ

それらを写真に撮って思い切って処分しました
絵なんかは丸まっちゃってなかなか撮影しにくかったです

らくがき帳を使いきるほど描いた絵なんか見ても
自身描いた記憶がないなど新鮮な気持ちで見ました

なぜか描いた女の子は
金髪だったり(なんの影響だろう?)
色づかいも今の好みと違っていたり
ノートというものを最後まで使い切ったことが記憶がないのに
この頃のらくがき帳はちゃんと使い切ってたり

作文や先生との連絡帳なんか読んでると
いろんな自分を改めて見せられる思いで
懐かしいというより自分の姿を改めて客観的に見た思いです

また時間を見つけてこれらの写真を記念冊子にでもしようかと思います
 
日記 | comments(0) | -